一人暮らしで無職の時に妹からお金を借りました。

一人暮らしで無職の時に妹からお金を借りました。

2年前に会社を退職して、しばらく無職という時期が続きました。
失業給付金をもらえる期間も過ぎ、全くの無収入になってしまいました。

 

 

一人暮らしをしていたので、早く仕事を見つけないといけないという焦りがあったのですが、中々採用されませんでした。
働いていた時にしていた貯金もなくなってしまったので、妹に相談した所、お金を貸してくれると言ってくれました。

 

 

銀行の口座番号を教えた次の日に、30万円振り込んでくれました。

 

 

妹の好意が嬉しくて、この30万円が無くなる前に仕事を見つけようと決意しました。

 

 

今までは働く条件を考えすぎていたので、あまり条件には拘れずに色々な会社の面接を受けました。

 

 

2か月で8社の面接を受けて、その中の2社から採用の連絡をもらう事が出来ました。

 

 

妹から借りた30万円が無くならない内に仕事を決める事が出来て、ほっとしました。

 

 

妹は私の仕事が見つからなかった場合について、もう少しぐらいなら貸す事が出来ると言ってくれていたのですが、これ以上迷惑をかける事は出来ないので、どんな会社でもいいから採用してほしいと思っていました。

 

 

 

働き始めてからは、毎月妹に3万円ずつ返済をしています。

 

 

毎月のお給料は手取りで15万円程なので、月々3万円の返済はきついですが、少しでも早く全額を返済したいと思ったので、この返済金額に決めました。

 

 

 

妹は、ゆっくり返してくれればいいよと言ってくれていますが、その好意に甘えてはいけないと思っています。

 

 

 

お給料が出たら、すぐに妹の銀行口座に3万円を入金して、残ったお金で生活をするようにしています。
毎月3万円の返済をする為に、今まで以上に節約をするようになりました。

 

 

外食はほとんどしないで自炊をする事によって食費の節約をしたり、休日はお金を使わない図書館通いや散歩を楽しんでいます。
会社にもお弁当と水筒を持って行き、無駄なお金は使わないように気をつけています。
まだ妹への借金は残っていますが、1日でも早く全額返済出来るように頑張りたいと思います。